公演情報

PDF表面:服部百音ヴァイオリン・リサイタル

PDF裏面:服部百音ヴァイオリン・リサイタル

画像をクリックすると拡大表示

注目の新人!札幌デビュー!

服部百音(はっとり・もね)ヴァイオリン・リサイタル

タイトル 服部百音ヴァイオリン・リサイタル
日 時 2017年11月14日(火) 7:00pm開演(6:30pm開場)
会 場 札幌コンサートホール Kitara小ホール
料 金

全席指定 ¥5,000  (税込)

※車椅子席 ¥2,000(オフィス・ワンにて取り扱い)

※未就学児の入場不可

※5月26日(金)発売  ※5月22日(火)より会員先行予約受付

出 演

服部百音(ヴァイオリン)、三又瑛子(ピアノ)

曲 目

●ジンバリスト:R=コルサコフの《金鶏》の主題による演奏会用幻想曲

●エルンスト:シューベルトの《魔王》による大奇想曲

●プロコフィエフ:ヴァイオリン・ソナタ第1番

●ショーソン:詩曲

●マスネ:タイスの瞑想曲

●エルンスト:《夏の名残のばら》による変奏曲

●ラヴェル:ツィガ-ヌ

リンク
コード [Pコード] 332-207 [Lコード] 11799

≫チケット購入方法はこちら

今もっとも勢いのある1999年生まれの若きヴァイオリニスト、服部百音(はっとり・もね)の札幌初リサイタルが開催されます。

服部百音は、8歳でオーケストラと共演、以来数々の国際コンクールで受賞、ヨーロッパ各地と日本で活発な演奏活動を展開している実力派、父は「真田丸」「半沢直樹」等TVドラマ音楽でも一般に知られる服部隆之、祖父は服部克久、曽祖父は故・服部良一という3世代にわたる有名作曲家一家という出自でも話題となっております。耳の肥えた聴衆もうならせる、瑞々しくエネルギッシュな演奏にご期待ください。

服部 百音

服部 百音 (ヴァイオリン) Mone Hattori, Violin

5歳よりヴァイオリンを始め、8歳よりザハール・ブロン氏に師事。

2009年リピンスキ・ヴィエニャフスキ国際ヴァイオリン・コンクールのジュニア部門で史上最年少第1位及び特別賞を受賞。

2013年ノヴォシビルスク国際ヴァイオリン・コンクール及び2015年ゴールドシュタイン国際ヴァイオリン・コンクールでグランプリ受賞。国内外でリサイタルやオーケストラとの共演を行い、2015年春にはアシュケナージの指揮でスイス、イタリアで演奏した。

第27回新日鐵住金音楽賞≪フレッシュアーティスト賞≫を受賞。

使用楽器は上野製薬株式会社より貸与されているピエトロ・グァルネリ。

現在、東京音楽大学付属高校特別特待奨学生。

三又 瑛子 (ピアノ) Akiko Mimata, Piano

仙台市出身。4才よりピアノを始める。桐朋学園大学ピアノ科を首席で卒業。同大学卒業演奏会、室内楽演奏会に出演。第16回ABC新人コンサート、第78回読売新人演奏会に出演。

2005~2007年、田崎悦子氏主催ピアノワークショップ「Joy of Music in 八ヶ岳」受講。

2012年および2013年、日本音楽コンクール コンクール委員会特別賞(ヴァイオリン部門ピアノ伴奏)受賞。

これまでに、ピアノを庄司美知子、加藤伸佳、田崎悦子、室内楽を加藤知子、加藤洋之の各氏に師事。

桐朋学園大学弦楽部嘱託演奏員。石川ミュージックアカデミー、ミュージックアカデミーinみやざき、笠間国際音楽アカデミーなどで公式伴奏者を務める。NPO法人ハマのJACKメンバー。

服部 百音ワックスマン:カルメン・ファンタジー/ショスタコーヴィチ:ヴァイオリン協奏曲第1番

CDジャケット写真

世界が驚嘆するスーパーヴァイオリニスト服部百音!

ドイツの名門オケとの共演による衝撃のデビューアルバム!

[CDアルバム] 2016-10-19

AVCL-25904 ¥3,240(税込)

服部百音(ヴァイオリン)

アラン・ブリバエフ指揮

ベルリン・ドイツ交響楽団

[録音] 2016年5月31日~6月2日

ベルリン、テルデックス・スタジオ

収録曲

01 ワックスマン:カルメン・ファンタジー

02 ショスタコーヴィチ:ヴァイオリン協奏曲 第1番 イ短調 作品77 第1楽章 Nocturne - Moderato

03 ショスタコーヴィチ:ヴァイオリン協奏曲 第1番 イ短調 作品77 第2楽章 Scherzo - Allegro

04 ショスタコーヴィチ:ヴァイオリン協奏曲 第1番 イ短調 作品77 第3楽章 Passacaglia - Andante

05 ショスタコーヴィチ:ヴァイオリン協奏曲 第1番 イ短調 作品77 第4楽章 Burlesque - Allegro con brio

≫スケジュール一覧にもどる